中古車ウォッチ速報「個性的な中古車を紹介します。」

現存している劇中車両オリジナルV8インターセプターがあんまり話題になる事がない・・・不評の件。

オリジナルV8インターセプター パーシュート・スペシャル
intercepter_2015109_2
intercepter_2015109_3
intercepter_2015109_4
まず、オリジナルV8インターセプターですが現在、
マイアミオートデザーコレクションにて展示されて
おります。

上記掲載車が気になった方は下記URL先を参照下さい。
face book 「マイアミオートデザーコレクション」
https://www.facebook.com/MiamiAutoMuseum/posts/803558656423334

自分もブログを始めるまで、オリジナルV8インター
セプターが現存しているのを知りませんでした・・・

そこで映画「マッドマックス・怒りのデスロード」が
公開されたのにかかわらず話題にならない・・・
現存するオリジナルV8インターセプターが不評である理由を
説明できたらと思い書いてみました。

MADMAX_V8_20151031_1
まず、映画マッドマックス1公開後ですが、無償で
映画車両のメカニックを担当したマレー・スミス氏に
無料労働の代わりとしてオリジナルV8インターセプターが
譲られる事となります。
madmax_interceptor_for_sale_1979
オリジナルV8インターセプターを譲り受けた
マレー・スミス氏によって車両が売り出される事と
なりますが、オリジナルV8インターセプターの車両は
買い手を見つける事ができませんでした。

そして映画マッドマックス1の人気によって
続編決定となります。
続編決定後、映画監督のジョージミラー氏に
よって、マレースミス氏に渡ったオリジナル
V8インターセプターを再び買い戻される事と
なります。
madmax2_1
madmax2_2
買い戻されたオリジナルV8インターセプターですが、
荒野の戦士としてガソリンタンク追加、
内装カスタム、フロントバンパーレスなど
映画内容に相応しいボディスタイルに仕上げられます。
madmax2_3
また、映画マッドマックス2ではV8インター
セプターはスタント用を一台追加した2台体制で
映画の収録を行う事となります。
madmax2_4
映画の中で大破したのはスタント用に製作した
V8インターセプター。
下記画像は生き残ったオリジナルV8インターセプター
MADMAX_V8_20151031_2
映画マッドマック2公開後に売り出される
オリジナルV8インターセプター
madmax2interceptor_for_sale
スタントから生き残ったオリジナルV8インターセンターは
映画公開後に再び売りにだされますが、
70000ドル(豪)と手が出しにくい金額によって
再び車両買い手が見つからず・・・
最終的には車両を破棄される事となります。

そして破棄されたオリジナルV8インターセプター
ですが、1983年にマッドマックスファンでもある
ボブ・フルセンコ氏によってオーストラリアの
解体屋にて車両が発見されます。
Madmax_interceptor_scrap_yard20151010_1
Madmax_interceptor_scrap_yard20151010_2
Madmax_interceptor_scrap_yard20151010_3
上記画像は解体屋で発見されたコンディションの
オリジナルV8インターセプター!
コンコルドマスク、内装など一部欠品となっていた
パーツがあったそうです。

発見されたオリジナルV8インターセプターですが・・・
オリジナルV8インターセプターのメカニックを
担当したマレー・スミス氏に車両番号の確認を行い、
本物のV8インターセプターである事が証明されて
おります。

その後、解体屋で発見されたオリジナルV8インター
セプターですが、発見したボブ・フルセンコ氏によって
25.000ドル(豪)を掛けたのレストア作業が行なわれます。
interceptor_shopping_centre_display20151031_1
interceptor_shopping_centre_display20151031_2
birdwood_motor_museum20151031_1
レストアされたオリジナルV8インターセプターは
イベント出展、オーストラリアの国立自動車
博物館に貸出等によって再び活躍する事となります。

[スターモーターミュージアム V8インターセプター]
Stars_Motor_Museum_madmax_1
1992年にボブ・フルセンコ氏はイギリスのスター
モーターミュージアムにV8インターセプターを
車両売却を行い、オーストラリアからイギリスに
渡る事となります。

[マイアミオートデザーコレクション V8インターセプター]
original_Mad_Max2_1
イギリスに渡ったオリジナルV8インターセプターは
スター・モーターミュージアムに展示されてましたが・・・
現在展示中のアメリカのマイアミオートデザーコレクションに
買収された事によってV8インターセプターはアメリカに
渡り現在、展示中となります。

最後になかなか話題にならない理由についてですが、
エンジンルーム、内装等は映画マッドマックス2
ロードウォリアーそのままのコンディションですが・・・
original_Mad_Max2_2
レストアされた時にマッドマックス1をイメージして
仕上げられた光沢のあるブラックボディが原因の
ようです。

光沢ブラックボディによって映画マッドマックス2
ロードウォリアーの映画の世界観を感じる事ができなく
海外のファン間では不評のようです。

尚、記事内容についてですが、下記リンク先の
引用元の記事を短文化して掲載しております。

「madmax movies」
The History Of The Mad Max Interceptor
http://www.madmaxmovies.com/mad-max-interceptor/

「Hemmings Daily」
There’s only one original Mad Max Interceptor
and it’s not in Australia
http://blog.hemmings.com/index.php/2015/05/15/theres-only-one-original-mad-max-interceptor-and-its-not-in-australia/

「MADMAX wiki」
Ford Falcon XB GT Coupe 1973 “V8 Interceptor
http://madmax.wikia.com/wiki/Ford_Falcon_XB_GT_Coupe_1973_%22V8_Interceptor%22

内容の行き違いがあった場合、深くお詫び申しあげます。

ランダム記事

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

認証コード(数字を入れて下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Return Top